2013年08月08日

新版 きけ わだつみのこえ【あとがきより】



※ この本について以下のような部分を読んでみました。

・書名決定までの経緯
・新版きけわだつみのこえの特長
・プロローグ、エピローグについて
・読者に向けて

参考図書:
書籍名 岩波文庫33-157-1 新版 きけ わだつみのこえ
編者  日本戦没学生記念会
発行者 山口昭男
発行所 岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/

posted by えぷろん at 19:50| 東京 ☀| Comment(5) | 日本戦没学生の手記 『きけ わだつみのこえ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

新版 きけ わだつみのこえ【敗戦】完

・鈴木 実・高木 孜・稲垣光夫・木村久夫
<再生時間>77分38秒


書籍名:岩波文庫33-157-1 新版 きけ わだつみのこえ 
編 者:日本戦没学生記念会
発行者:山口昭男
発行所:岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/

posted by えぷろん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本戦没学生の手記 『きけ わだつみのこえ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

新版 きけ わだつみのこえ【アジア・太平洋戦争期2】

・山根 明(陸軍曹長20歳)・宮崎龍夫(26歳)・松本光憲(陸軍上等兵25歳)・塚本太郎(海軍大尉21歳)・生駒 隆(陸軍中尉23歳)・深沢恒雄(海軍大尉25歳)・岩ケ谷治禄(陸軍兵長21歳)・山中忠信(海軍少尉22歳)・長谷川 信(陸軍少尉23歳)
<再生時間>49分53秒


・武田喜義(海軍少尉22歳)・永田和生(陸軍伍長28歳)
<再生時間>52分33秒


・宇田川 達(陸軍中尉24歳)・榊原大三(海軍軍医大尉28歳)・木村 節(陸軍兵長22歳)・瀬田萬之助(陸軍少尉21歳)・尾崎良夫(海軍中尉22歳)・松原成信(陸軍兵長23歳)
<再生時間>50分08秒


・御厨卓爾(海軍少尉22歳)・林 市蔵(海軍少尉23歳)・杉村 裕(海軍中尉22歳)・市島保男(海軍大尉23歳)・大塚晟夫(海軍少尉候補生23歳)
<再生時間>49分50秒


・上原良治(海軍大尉22歳)・和田 稔(海軍少尉23歳)
・網干陽平(陸軍一等兵28歳)・林 憲正(陸軍中尉25歳)
<再生時間>59分56秒


・三崎邦之助(24歳)・関口 清(陸軍軍曹26歳)・蜂谷博史(陸軍兵長22歳)・井上 長(海軍中尉23歳)・住吉胡之吉(24歳)・海上春雄(陸軍船舶兵見習士官23歳)
<再生時間>51分46秒


書籍名:岩波文庫33-157-1 新版 きけ わだつみのこえ 
編 者:日本戦没学生記念会
発行者:山口昭男
発行所:岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/
posted by えぷろん at 13:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本戦没学生の手記 『きけ わだつみのこえ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

新版 きけ わだつみのこえ【アジア・太平洋戦争期1】

・平井摂三(海軍主計中尉24歳)・田坂徳太郎(陸軍軍医中尉28歳)
・大島欣二(海軍軍医大尉27歳)・浅見有一(陸軍少尉27歳)・上村元太(24歳)
<再生時間>55分04秒


・真田大法(陸軍少尉26歳)・筒井 厚(陸軍主計中尉25歳)
・市井柔治(24歳)・中村 勇(陸軍兵長21歳)・武井 脩(陸軍中尉27歳)
<再生時間>63分25秒


・板尾興市(海軍中尉21歳)・佐藤 孝(陸軍少尉21歳)
・加藤晨一(陸軍上等兵22歳)・平井 聖(陸軍少尉20歳)・菊山裕生(陸軍少尉23歳)
<再生時間>41分04秒


・佐々木八郎(22歳)・松岡欣平(陸軍少尉21歳)
<再生時間>64分29秒


・渡辺 崇(海軍中尉21歳)・鈴木保次(陸軍少尉23歳)
・中尾武範(海軍大尉22歳)・中村徳郎(陸軍兵長25歳)・西村健二(22歳)
<再生時間>41分02秒


書籍名:岩波文庫33-157-1 新版 きけ わだつみのこえ 
編 者:日本戦没学生記念会
発行者:山口昭男
発行所:岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/

posted by えぷろん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本戦没学生の手記 『きけ わだつみのこえ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

新版 きけ わだつみのこえ【所感、日中戦争期】

【所感】上原良治(陸軍大尉22歳) 
・石神高明(陸軍中尉25歳)・吉村友男(陸軍歩兵軍曹22歳)
・大井栄光(陸軍少尉26歳)・目黒 晃(24歳)
<再生時間>51分04秒


・竹村孝一(24歳)・浜田忠秀(陸軍中尉23歳)
・福島武彦(陸軍中尉22歳)・田辺利宏(陸軍伍長26歳)
・片井 澄(陸軍曹長29歳)・山岸久雄(陸軍少尉32歳)
・柳田陽一(23歳)
<再生時間>54分32秒


・渡辺辰夫(陸軍主計大尉29歳)・福中五郎(28歳)
・川島 正(陸軍中尉29歳)・篠崎二郎(陸軍歩兵伍長33歳)
<再生時間>62分34秒


書籍名:岩波文庫33-157-1 新版 きけ わだつみのこえ 
編 者:日本戦没学生記念会
発行者:山口昭男
発行所:岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/
posted by えぷろん at 23:32| 東京 🌁| Comment(3) | 日本戦没学生の手記 『きけ わだつみのこえ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

東日本大震災に寄せて

このたびの災害でお亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げ
被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。


皆様に一日も早く復興への希望が持てる日が訪れることを願い、また現地で救援活動をされておられる皆様へ心からの敬意とエールをお送りすることができればと天声人語の記事を拝借し朗読させていただきました。お聴きいただければ幸いです。

このファイルは「〜本棚の学習資料室」で保存公開するためにタイトルを「天声人語 2011.03.11 東日本大震災」とさせていただきましたが、失礼がありましたらお許しくださいませ。

2011年3月18日




*12日から18日までの天声人語をまとめたファイルに入れ替えました。
あらためてお聴きいただければ幸いです。


3月19日〜25日の天声人語を“〜本棚'09”で公開しましたのでご案内いたします。 
2011年3月25日

3月19日〜21日の社説を同様に公開しましたのでご案内いたします。
2011年3月27日

3月22日23日25日の社説を同様に公開しましたのでご案内いたします。
2011年3月29日 

3月26日〜31日の天声人語を同様に公開しましたのでご案内いたします。
2011年4月2日

4月3日のグローブ特集海外救援隊と日本全3回で公開しましたのでご案内いたします。
2011年4月6日

いちばん想いを伝えたい人への「強いメッセージ」恋文大賞受賞作品を公開しましたのでご案内いたします。関連の朗読としてお聴きいただければ幸いです。
2011年12月13日

12月25日〜31日の天声人語=忘れがたい年の12月の言葉からを公開しましたのでご案内いたします。
2011月12月31日

12月27日の社説・政府事故調の中間報告から(前半)を公開しましたのでご案内いたします。
2012月1月6日

同上(後半)を公開しましたのでご案内したします。
2012月1月7日


2010年12月26日以前のご新規投稿のお知らせ・ご案内です。
posted by えぷろん at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

竹取物語 島津久基校訂=後半

・燕の子安貝・御狩の御幸・天の羽衣(終)

* ファイルのダウンロードはDLボタンでお願いいたします。

参考テキスト@ うわづらをblogでより 島津久基校訂・竹取物語・岩波文庫pdf

         PDF本文:33ページ〜52ページ

参考テキストA  エール:小説等音声読み上げ・朗読サイト  

         タブ操作: その他⇒作者不詳⇒竹取物語(原文)

参考テキストB  竹取物語−Wikisouce

posted by えぷろん at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | 竹取物語-原文・現代文- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹取物語 島津久基校訂=前半

・かぐや姫おひたち・つまどい・佛の御石の鉢・蓬莱の玉の枝・火鼠の裘・龍の首の珠


* ファイルのダウンロードはDLボタンでお願いいたします。

参考テキスト@ うわづらをblogでより 島津久基校訂・竹取物語・岩波文庫pdf

         PDF本文:10ページ〜33ページ

参考テキストA  エール:小説等音声読み上げ・朗読サイト  

         タブ操作: その他⇒作者不詳⇒竹取物語(原文)

参考テキストB  竹取物語−Wikisouce

posted by えぷろん at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | 竹取物語-原文・現代文- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

吉田絃二郎 八月の星座



参照テキスト:青空文庫図書カード46509

ご来訪の皆様、暑中お見舞い申し上げます。
毎日多くのご訪問をいただきまして、本当にありがとうございます。

朗読の再開になかなかこぎつけないでいるうちに八月になってしましましたが、
3月11日の大震災からもう5ヶ月になろうとしているのですね。

新聞の朝刊第1面に毎日、警察庁発表の被災者数が載りますが、今日は次の通りでした。

   死者数 15,676人 行方不明 4,832人 (6日現在)

また、先程見たNHKスペシャル「東北夏祭り〜鎮魂と絆と」の番組紹介は

『七夕に託す友への思い』『亡き妻に贈る涙の武者行列』『北上川彩る一万個の灯篭流し』

昨年までとは全く違う「日本の夏 お盆休み」を迎えることになりましたが、ご無事だった方たちによってまた受け継がれていくであろう素晴らしい文化があったことを知ることができました。

昨日は「広島原爆記念日」明後日は「長崎原爆記念日」、そして「終戦の日」と悲しい記念日がつづきますが、今年の3月11日からの一連の報道を読みながら、いつもこの作品を読んだ当時の思いが重なります。

朗読再開に向けて二月に再読してみたのですが、先日あらためて読んでみました。

お聴きいただければ幸いです。

posted by えぷろん at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | 吉田絃二郎 八月の星座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

和田万吉 竹取物語-児童文庫(現代文)-



参照テキスト:青空文庫図書カード1072

※ この作品は今月8日に青空文庫で新規公開されました。
 私にとっては待ちに待っていた現代文でした。児童文庫と紹介されているのも嬉しいですね。
 原文とあわせてお聴きいただければと思いましたので朗読させていただきました。

posted by えぷろん at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | 竹取物語-原文・現代文- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする