2009年06月17日

池田菊苗 「味の素」発明の動機



参照テキスト:青空文庫図書カードNo.43623

「池田君が独乙からきて自分の下宿に留った。
池田君は理学者だけれども話してみると偉い哲学者であったには驚いた。」と漱石は「処女作追懐談」のなかで留学中の交友関係を紹介しています。

この人が「味の素」の発明者であったとは知りませんでした。

 夏目漱石の「処女作追懐談」もお聴きいただけると幸いです。

posted by えぷろん at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | 池田菊苗 「味の素」発明の動機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。