2007年12月27日

'07年12月〜3月開始の「しみじみと朗読に聴き入りたい」へのご案内です。

・12月24日 英文版『声の花束』の「ライブリヴォックス」などのご紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/29152140.html
・12月24日 英文作品の無料朗読サイトのご紹介です
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/29148928.html

・12月22日 新しく、Vol.19をアーカイブに追加しました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/29049401.html
・12月22日 新着作品を追加しました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/29047121.html
・12月03日 朗読アーカイブスvol.18の新着作品追加しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/27736511.html

**************************************


・11月25日 朝日新聞のコラムで取り上げていただきました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/27139768.html
・11月25日 朗読アーカイブスvol.18を更新しました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/27137587.html

***************************************


・10月28日 さらに朗読アーカイブスVOL.18を更新しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/24997838.html
・10月21日 朗読アーカイブvol18を増補しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/24394675.html

***************************************


・9月24日 「ハラスのいた日々」の朗読カセットを聴きました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/21949228.html
・9月17日 「日本語テキストイニシアティブ」に触発されて
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/21146851.html
・9月16日 再掲:朗読アーカイブス新着作品
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/21027521.html
・9月15日 朗読アーカイブス新着作品追加しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/20939257.html
・9月15日 電子文藝館委員会からご返事をいただきました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/20895906.html
・9月02日 超訳?「万葉集の恋の歌」
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/19571778.html

***************************************


・8月26日 ちょっと異色の?朗読作品のご紹介です
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/18612062.html
・8月26日 前回の補足です(既存ライブラリーのデジタル化作業の進展)
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/18603506.html
・8月26日 朗読図書の一般図書館での作成自由化の記事について(既存ライブラリーのデジタル化作業の進展)
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/18603506.html
・8月25日 朗読図書の一般図書館での作成自由化の記事について
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/18473349.html

日経新聞の社会面のトップ記事(同日付)で、次のような見出しのものが載っていました。として新聞記事の紹介、これについての興味深い記事を書いておられます。
 
「聴ける図書」身近に一般図書館作成自由化へ
 
視覚障害者に朗報


・8月24日 電子文藝館委員会宛にお願いのメールを送ってみました
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/18421561.html
・8月18日 自由にネット配信ができる作品の掲載サイト一覧を更新紹介されています。
 http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/17529946.html

★ウラアオゾラブンコ
☆The Baker Street Bakery
★福娘童話集

***************************************


・7月8日 自由にネット配信ができる作品の掲載サイト一覧
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/12077399.html

★「朗読のネット配信が自由にできる作品の掲載サイト一覧」
☆『電子文藝館』掲載作品で、ネット配信可能な著作権切れの作品をリストアップ
★「朗読のネット配信」ができるのは、

@ 著作権が切れた作品:没年の翌年の1月1日から起算して50年を経過したもの。
   死亡日から50年ではないことに注意!

A 著作権は存続しているが、クリエーティブコモンズなどにより、一定の条件(出所明示等)の下に、自由な使用を認めているもの
などについて書いておられます。

**************************************


・6月17日 塩野七生さんの寄稿から考えさせられる著作権保護の必要性
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/9747779.html

・6月17日 『朗読のネット配信による文藝文化活性化に向けた提言』を完成されました。

参照PDF:

朗読のネット配信による文藝文化活性化に向けた提言

―著作権者や朗読関係者の皆様へのお願い


2007年6月


朗読愛好家有志一同




参考録音:はじめにより

※この録音は個人(えぷろん)の備忘録用に読んだもので録音状態はあまりよくありませんが、よろしければご試聴くださいませ。

・6月17日 完成版『朗読のネット配信による文藝活性化に向けた提言』です。

1.以前、中途版を公開していた『朗読のネット配信による文藝活性化に向けた提言』についてまとめました。
2.上記で追加したパーツのうち「はじめに」の部分を掲載しておきます。☆冒頭の「はじめに」をお聴きくださいませ。
3.同じく追加パーツのうち「補足部分」です。

(補足1)朗読対象となりうる作品テキストとしては以下のものがあります。
説明が3項目あります。


(補足2)アーカイブ化するためにブログ側で工夫をお願いしたいこと
説明が2項目あります。




・6月14日 重要!ブログ容量が満杯となった場合の対応策ー古いファイルを削除しないで!

ブログの容量満杯時の対応策(その2)として「容量無制限サーバーでホームページを作るという方法」を紹介されました。

ブログURL http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/9425660.html

・6月12日 重要!ブログ容量が満杯になったときの対応策-

古いファイルを削除しないで!


「ブログの容量が足りないので過去の朗読ファイルを削除しなくてはいけないの…」だろうか・・・という問題です。

これは、由々しき問題です。皆さん、ブログをスタートさせてから1年くらいになると、(音質設定レベルにもよるのでしょうが)容量がいっぱいになってくる例も出てくるのでしょう。実際、残念なことに、古いファイルが削除されている例もあります。

しかし、このままでは、
 
1.どんどん新しく読めば読むほど、以前読んだ朗読作品が消えてく。
2.「朗読アーカイブズ」のリンク先が、どんどん切れていく。アーカイブズが機能しなくなる。

・・・という、朗読文化振興の面で、大きなネックとなってしまいますし、何より、朗読を発信されている愛好家の方にとって、せっかくの作品を削除するのは「断腸の思い」ではないでしょうか。

これは、なんとかしないといけない・・・! 事は急ぐ!

・・・といろいろ考えてみたのですが、思いついたのが以下の方法です。
 
皆さん、是非こういった方法で、今まで朗読した作品を残していただけませんか。また、一度削除した作品があるのであれば、復活させていただけないでしょうか。
削除してしまうのでは、あまりにもったいないです。


方法として:

1.まったく同じ題名、デザイン、ハンドルネームで2つ目3つ目を作成

2.「VOICE BANK」でも複数のブログが開設可能

3.試験的に「VOICE BANK」で2つのブログを作ってみました。

上記の方法はブログをすでに運営されている方には本当に簡単です
とあります。詳細は下記にてご参照くださいませ。




・6月10日 朗読愛好家の皆様へのお願い(その1)

・自己表現の素晴らしい手法である朗読
・朗読ブログを立ち上げてみたものの
・良質な朗読ブログには必ず聴き入っているリスナーがいる
・大朗読アーカイブズ構築の担い手として

***************************************


・5月27日 中途版第2版『朗読のネット配信による文藝文化活動に向けた提言』
※前回の『…提言』(中途版)に「朗読文化関係団体・出版社・音声ブログ・レンタルサーバー事業者への要望事項」が追加されました。

☆著作権保護期間延長問題を考えるフォーラムの記事の紹介あり


・5月27日 出版社への要望事項

・クリエーティブコモンズによる条件で使用許諾する旨の奥付への記載などをお願いします。
・作家と朗読ネット配信希望者との仲介サービス化できないかご検討をお願いします。

説明が5項目あります。


・5月27日 音声ブログ、レンタルサーバー事業者への要望事項

☆朗読のネット配信の活性化を通じた文藝文化振興のために、音声ブログやレンタルサーバーについて、以下のご検討をお願いします。

・操作のいっそうの容易化、説明用語の簡略化
・容量の増大
・仲間内や特定少数向けの配信を念頭においたアクセス制限機能の付加

説明が6項目あります


・5月26日  朗読関係団体へのお願いーその2

説明が4項目あります。


・5月26日 朗読関係団体へのお願いーその1

(朗読団体への要望事項)

☆著作権者や文藝団体に対して、非営利・無償を前提とした朗読ネット配信(公衆送信)について有償の許諾システムの整備・無償で朗読できる作品プールリストの作成、出版の際の条件付使用許諾システムの記載などの働きかけをお願いします。

☆朗読関係団体としての独立の立場から(「web上での作品そのものの閲覧」は必須ではない)、著作権法改正の議論を待つことなく、現行法の枠内でできる朗読環境向上策の実現に向け働きかけをお願いします。

これ等についての説明が3項目あります


・5月20日 
これまで、このブログで「著作権と朗読愛好家の共存共栄策」について書いてきたものをベースに再編加工・加筆して、関係者ごとに要望事項をまとめ、「提言」の形にしました。

朗読愛好家による朗読ネット配信が文藝文化の活性化につながり、著作権者のメリットにもなるとの観点から、そのための基盤作りに向けた提言集です。

まだ、途中の段階の原稿ですが、主要部分はまとまりましたのでアップすることにしました。(5/20の記事より抜粋)

参照PDF:

朗読のネット配信による文藝文化活性化に向けた提言
 
-著作権者や朗読関係者皆様へのお願い-

5月20日 途中稿




・5月15日 『朗読愛好家のための著作権の基礎知識』(暫定版)

「朗読文化振興の環境整備の一環として、朗読をされる方が関係する著作権についての理解を深めていただくために、朗読に特化した形で(特に音声ブログなどによるインターネット配信を中心にして)
基礎知識的なことを整理してまとめた次第です」(5/15記事より抜粋)

・5月3日 特定少人数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その3・完)

 @アクセス制限用ファイル作成の説明の難解さ
 A試験サイト、遂に完成!!
 BSAKRA-netも設定の勘違いに気づき、成功!
 Cこれからのサービス拡大に期待
 Dまとめ(1)(2)

・5月3日 特定少人数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その2)

 @悪戦苦闘は続く
 Aレンタルサーバーの比較サイトから片っ端に調べる
 B無料レンタルをあきらめ、有料レンタルサーバー会社へ
 Cやっと使えそうなレンタルサーバーが見つかる

・5月3日 特定少数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その1)

 @インターネット関連のプロ解説のわかりにくさ
 A私の悪戦苦闘の始まり
 B主要な音声ブログのサイトではアクセス制限はほとんどできない
 CSeeSaaブログへの期待と落胆!(注:あり)

***************************************


・4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-3)

 @朗読する方ならきっとできる「テーマ」に沿った「批評+引用朗読」
 A渡辺知明さんによる「4つの原則」
 Bまとめ(1)(2)

・4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-2)

 @小説・文学・詩の引用はそうなっているか?
 A「声に出したい・・・」以前の名文アンソロジー
 B日本文芸家協会の「引用」についての声明
 C「引用」と朗読ネット配信との関係
 D参考になる「佐紀の朗読」

・4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-1)

 @著作権法の「引用」規定と最高裁が示す「引用の原則」
 A音楽世界での「引用」の係争
 B久世光彦の「マイ・ラスト・ソング」を読んで

・4月7日 (補足)電子文藝館のこと

 @電子文藝館委員会

・4月7日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その3)

 (「電子文藝館」を第二の青空文庫に!)

 @日本ペンクラブ「電子文藝館」のサイト探訪
 A電子文藝館の運営目的と完全一致する朗読ネット配信
 B朗読愛好家の食指?をそそる電子文藝館の作品群

・4月6日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その2)

 (文藝家協会の使用料策定・手続き簡素化)

 @文藝家協会のサイトを探訪 
 A著作権使用料規定に非営利の朗読ネット配信の場合が書いていない
 Bたとえばこんな使用料規定は?

・4月6日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その1)

 (朗読版クリエーティブコモンズ)

 @歴史的な動き A「クリエーティブコモンズ」とは?
 B本の奥付の書き方を変えよう 
 C瀬戸内寂聴先生にお願いしてほしい・・・

***************************************


・3月31日 著作権と朗読のネット配信の問題(5)

 (コスト回収と人格権拡大への貢献) 

 @コスト回収面での貢献 A人格権拡大での貢献

・3月31日 著作権と朗読ネット配信の問題(4)

 (著作権の保護期間延長に関連して)

・3月31日 著作権と朗読のネット配信の問題(3)

 (著作権ってなぜ保護されるのか?)

 @特許権の保護 A著作権の保護  など

・3月26日 著作権と朗読のネット配信の問題(2)

 (著作権法のガードの固さ)

 @「口述」の範囲-「公共送信」との関係 A「公衆」の範囲
 B「二次的著作物」 C中間の結論  など

ブログ「しみじみと朗読に聴き入りたい」文中から「はじめに」をお聴きください。

参考録音:はじめにより


※この録音は個人(えぷろん)の備忘録用に読んだもので録音状態はあまりよくありませんが、よろしければご試聴くださいませ。

・3月25日 著作権と朗読のネット配信の問題(1)

@『朗読』と『著作権の問題』 A『朗読』と著作権

***************************************


※ブログ「しみじみと朗読に聴きいりたい」をご紹介させていただくにあたり、記事の冒頭を読ませていただいたものです。
この録音は個人(えぷろん)の備忘録用に読んだもので録音状態はあまりよくありませんが、よろしければご試聴くださいませ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。