2008年10月10日

松濤 明 再び山へ



参照テキスト:青空文庫図書カードNo.43682

ここでは終戦の翌年、
一度はあきらめようとした山への想いについて書いています。

初回投稿:2007年08月20日
差し替え:2008年10月10日
posted by えぷろん at 15:53| 東京 ☁| Comment(2) | 松濤 明 風雪のビバーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい作品ですね。でも、どこかで覚えがあると記憶をたどってみれば、青空文庫用に入力した作品だと、はたと気づきました。(^_^;)
すてきな朗読ありがとうございました。m(__)m
Posted by ゼファー生 at 2007年08月20日 23:20
ゼファー生様 はじめまして。
まさかこの作品を入力された方にお聴きいただいていたとは・・・(汗)。 
こちらこそありがとうございました。
先ほど青空文庫「みんなの輪」を拝見させていただきましたが、情報豊富で参考になります。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by えぷろん at 2007年08月21日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。