2019年12月21日

伊波 普猷 沖縄よ何処へ:琉球史物語1〜9

参照テキスト:国立国会図書館デジタルコレクション

発行年月:昭和3年9月(1928年)

【】はコマ番号
【1】 一、神話・久高島・琉球史の曙(0分02秒〜)
【9】 二、蘇鐵の世・蔡温の「獨物語」・孤島苦が彼等の生活基調 (05分57秒〜)
【10】三、エゾノイクサモイ(英祖)・奄美大島諸島風を望んで入貢・「戰花遊び」・浦添按司察度・臣を朱明に稱す(09分42秒〜)
【12】四、尚巴志・使を南蠻及び朝鮮に遣す・護佐丸征討・阿麻和利の反逆(15分22秒〜)
【12】五、内間御鎖・琉球の正史「中山世鑑」・食呉れる者と我が御主、内間御鎖と我が御主・尚圓は家康のやうな性格・四百年間扇子一本で支配・ナポレオンと琉球・東洋文化史上の一異彩・琉球の萬葉 (18分09秒〜)
【15】六、豊臣氏の朝鮮侵入・七千五百人十個月の兵糧賦課・琉球入の口實・尚寧王以下百官を人質・さながら島津の植民地・密貿易の機關・甘藷は奴隷の食糧・自由のない所で生存するは恥辱(28分36秒〜)
【17】七、清帝と靖南王とに奉る二通の奏文・「空道」(35分38秒〜)
【19】八、羽地王子向象賢・日琉同祖論・御糸荷・進貢船二艘が支那から持つて來た銀一萬四千六百兩・琉球人は長良川の鵜と運命の類似者(41分22秒〜)
【22】九、冠船の渡來・兩屬政策の秘密・清人徐葆光の「中山傳信録」・蔡温の自叙傳(50分48秒〜)



posted by えぷろん at 12:12| 東京 ☁| Comment(0) | 戦争史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。