2007年05月18日

『朗読愛好家のための著作権の基礎知識』(暫定版)を公開しますへのご案内 

ブログ「しみじみと朗読に聴き入りたい」より新着記事を(その2)としてご紹介します。文中から「はじめに」をお聴きください。



記事紹介:

☆5月15日 『朗読愛好家のための著作権の基礎知識』(暫定版)

「朗読文化振興の環境整備の一環として、朗読をされる方が関係する著作権についての理解を深めていただくために、朗読に特化した形で(特に音声ブログなどによるインターネット配信を中心にして)
基礎知識的なことを整理してまとめた次第です」(5/15記事より抜粋)


 今回はここに至るまでのブログ「しみじみと朗読に聴き入りたい」の各記事を時系列で記載し、あらためて学習させていただきたいと思っております。

 ここでは記事タイトルでのご案内ですが皆様にも関心をお持ちいただきリンク先にご訪問いただければと思います。


☆3月25日 著作権と朗読のネット配信の問題(1)

@『朗読』と『著作権の問題』 A『朗読』と著作権


☆3月26日 著作権と朗読のネット配信の問題(2)

 (著作権法のガードの固さ)

 @「口述」の範囲-「公共送信」との関係 A「公衆」の範囲
 B「二次的著作物」 C中間の結論  など


☆3月31日 著作権と朗読のネット配信の問題(3)

 (著作権ってなぜ保護されるのか?)

 @特許権の保護 A著作権の保護  など


☆3月31日 著作権と朗読ネット配信の問題(4)

 (著作権の保護期間延長に関連して)


☆3月31日 著作権と朗読のネット配信の問題(5)

 (コスト回収と人格権拡大への貢献) 

 @コスト回収面での貢献 A人格権拡大での貢献


☆4月6日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その1)

 (朗読版クリエーティブコモンズ)

 @歴史的な動き A「クリエーティブコモンズ」とは?
 B本の奥付の書き方を変えよう 
 C瀬戸内寂聴先生にお願いしてほしい・・・


☆4月6日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その2)

 (文藝家協会の使用料策定・手続き簡素化)

 @文藝家協会のサイトを探訪 
 A著作権使用料規定に非営利の朗読ネット配信の場合が書いていない
 Bたとえばこんな使用料規定は?


☆4月7日 著作権者と朗読愛好家の共存共栄策(その3)

 (「電子文藝館」を第二の青空文庫に!)

 @日本ペンクラブ「電子文藝館」のサイト探訪
 A電子文藝館の運営目的と完全一致する朗読ネット配信
 B朗読愛好家の食指?をそそる電子文藝館の作品群


☆4月7日 (補足)電子文藝館のこと

 @電子文藝館委員会


☆4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-1)

 @著作権法の「引用」規定と最高裁が示す「引用の原則」
 A音楽世界での「引用」の係争
 B久世光彦の「マイ・ラスト・ソング」を読んで


☆4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-2)

 @小説・文学・詩の引用はそうなっているか?
 A「声に出したい・・・」以前の名文アンソロジー
 B日本文芸家協会の「引用」についての声明
 C「引用」と朗読ネット配信との関係
 D参考になる「佐紀の朗読」

☆4月22日 著作権と朗読愛好家の共存共栄策(その4)

 (「引用」を通じた作品の紹介-3)

 @朗読する方ならきっとできる「テーマ」に沿った「批評+引用朗読」
 A渡辺知明さんによる「4つの原則」
 Bまとめ(1)(2)


☆5月3日 特定少数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その1)

 @インターネット関連のプロ解説のわかりにくさ
 A私の悪戦苦闘の始まり
 B主要な音声ブログのサイトではアクセス制限はほとんどできない
 CSeeSaaブログへの期待と落胆!(注:あり)


☆5月3日 特定少人数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その2)

 @悪戦苦闘は続く
 Aレンタルサーバーの比較サイトから片っ端に調べる
 B無料レンタルをあきらめ、有料レンタルサーバー会社へ
 Cやっと使えそうなレンタルサーバーが見つかる


☆5月3日 特定少人数向け朗読サイト構築に向けての悪戦苦闘(その3・完)

 @アクセス制限用ファイル作成の説明の難解さ
 A試験サイト、遂に完成!!
 BSAKRA-netも設定の勘違いに気づき、成功!
 Cこれからのサービス拡大に期待
 Dまとめ(1)(2)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。