2010年04月18日

“えぷろんの朗読本棚”配信終了のお知らせです。‐付録‐蜘蛛の糸

ごあいさつ:

2007年1月よりお聴きいただいた“えぷろんの朗読本棚”“えぷろんの朗読本棚'08”ですが、ファイルが満杯になりましたので、配信を終了いたします。
およそ3年間、皆様のご協力で大変よい勉強をさせていただきました。心からお礼申し上げます。

 録音は手習いの練習にとはじめたことでしたが、朗読は自分がほんとうにやりたいことだったのか、決してよい声ではないし、人前では消極的であがり症、人様に聴いていただくなどとは、とんでもないことと思っておりました。そもそも自分の声を自分で聴いてみようとは思ってもいませんでした。が、今はだいぶ太っ腹に・・・?(笑)

教室に通い始めてまもなく、数行ではありますが「蜘蛛の糸」のテキストで指導を受けたときに音訳ではなく朗読に気持ちが動きました。

 今年、先生が変わり、これまでとは違う勉強がはじまりました。
ご存知の「蜘蛛の糸」、冒頭の「ある日のことでございます」ですが、「ある日」とは「昨日でもない、今日でもないある日」を表現してみましょう・・・。これは新受講生が入講するたびに私も学ばせていただきます。

 極楽でのある日、お釈迦様がぶらぶらと池のふちを歩いていて、ふと池の中をのぞいてみたら・・・という、お釈迦様の「ある日の出来事」を想像しながら読む。これは黙読では味わえない世界だと、好奇心は現在進行形で終わってはいません。

 発声ですが、自分の音域を知りたいと思い、当初より低い声で読むうちに皆様とはだいぶ印象のちがう再読になったかとは思いますが、高中低音を使い分けることの勉強がはじまったところで、これからまた趣味の朗読を楽しんでゆきたいと思っております。

 再三にわたり誤読、再読、発音発声などお聴きぐるしい点が多々ありますが、本日、これまでのえぷろんの朗読カテゴリーを作家別一覧にしましたので、ご利用いただきたいと思います。

なお、一部の再読、一覧記載の遅れがございますが、追って更新いたしますのでご了承くださいませ。

 現在、新しいブログを試行しております。これまで同様このブログでお知らせいたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2009年11月5日  
 

えぷろん 



※ “〜本棚'08”の配信終了のごあいさつをさせていただいた日付で
 あらためて記事を公開させていただきました。

 また、最近録音した「蜘蛛の糸」を付録いたしました。
冒頭部分を意識しすぎた感じがあるにかかわらず、そのままの調子で読み進めましたので、
全体の感じがこれまでとは違った「蜘蛛の糸」になりました。
良し悪しはべつにして保存しておきたいと思った次第です。
これがこのブログの最終ファイルとなりました。
 あらためてお聴きいただければ幸いです。(4月19日 追記)



posted by えぷろん at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。