2009年01月28日

泉鏡花 月齢拾弐態



参照テキスト:青空文庫図書カード4148

備忘録
posted by えぷろん at 15:02| 東京 ☀| Comment(1) | 泉鏡花 月齢拾弐態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

林芙美子 鶴の笛

参照テキスト:青空文庫図書カードNo.24372


音声試聴: 音楽 ※ アイコンをクリックしてください。

公開ダウンロード先: ケロログブログ「林芙美子作品集-1-」

posted by えぷろん at 16:28| 東京 ☁| Comment(0) | 林芙美子 鶴の笛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

淡島寒月 亡び行く江戸趣味



参照テキスト:青空文庫図書カードNo.4944

posted by えぷろん at 18:07| 東京 🌁| Comment(0) | 淡島寒月 滅び行く江戸趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

二代目市川団十郎 外郎売Vol.2



今日は福祉朗読の新年初受講日でした。
いつもの発声練習からはじまり、久々に外郎売を練習しました。
帰宅後、気分に乗じて読んでみたのですが、寒さのせいでしょうか舌が回りきらないところがあるのですが投稿してみました。

前回の投稿は2007年8月でした。今回は先の録音のノイズを除去し音量を増幅したうえでファイルを交換しました。
聴き比べでお楽しみいただければ幸いです。(苦笑)

***************************************************


聴き比べのファイル:2007年8月22日投稿

☆手習いテキストより 二代目市川団十郎「外郎売」
http://epuron-rodoku.seesaa.net/article/52318277.html

2009年01月09日

淡島寒月 凧の話

・『達磨・月浪・童子格子・日の出に鶴・鯉の滝上り』
このような凧がお正月の空を舞っていたのですね。



参照テキスト:青空文庫図書カードNo.4957

参考サイト:

☆江戸風凧 Edo-kite『江戸凧について』
http://homepage1.nifty.com/mikiotoki/

☆たいめいけん「凧の博物館」
http://www.taimeiken.co.jp/museum.html

☆大橋栄二の凧コレクション「凧大図鑑 下」
http://park3.wakwak.com/~eohashi/

posted by えぷろん at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | 淡島寒月 凧の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

『ことばと学びと学校図書館etc.をめぐる足立正治の気まぐれなブログ 』へのご案内です

・先日、『谷川俊太郎 かすかな光へ』を朗読した際にご紹介いただいた足立正春さんのブログです。
教育現場から、ことばと学びと『学校図書館』のことなどを発信されています。
ぜひご訪問してみてくださいませ。

ブログ名:

『ことばと学びと学校図書館etc.をめぐる足立正治の気まぐれなブログ 』
社会を正気に保つ学びとは? powered by masaharu's own brand of life style!
URL: http://blog.goo.ne.jp/masa-sem






淡島寒月 江戸か東京か



・時は元治慶応明治初年から15,6年までのお話。
・前半のキーワードは『見世物・郵便配達・巡査・大道商人・売り声』
・後半のキーワードは『三泣き車・水売り・下駄脱がし・イカモノ師・散髪』

参照テキスト:青空文庫図書カードNo.3241

参考サイト:旅の記録_江戸城外堀神田川_左衛門橋

**************************************************


何かのCMにこんな一節だったでしょうか、「江戸の名残を今に残し…」があったかと思います。
今の東京下町と比較しながら読んでみました。
年が明けると「お雛様」のCMが春を呼び寄せるように思えたものですが、年々その感が薄れてきて、ちょっと寂しい気がいたします。
posted by えぷろん at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | 淡島寒月 江戸か東京か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

夏目漱石 元日



参照テキス:青空文庫図書カードNo.2674

参考サイト:謡蹟めぐり 謡曲初心者の方のためのガイド 『謡蹟めぐり 東北 とうぼく』

初回投稿:2007年12月31日
差し替え:2009年01月02日

************************************************


今年の『読み初め』となりました。
久々の夏目漱石作品復帰です。
お聴きいただければ幸いです。

『吾輩は猫である』の中でも、主人はあるときは『謡を習ったり…』とありました。
今回の『東北』は和泉式部に関連したもののようですね。


posted by えぷろん at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | 夏目漱石 元日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。