2026年04月03日

お知らせ・ご案内です。

・:・。:・:。:・:。:・:・。:・:。:・。:・

えぷろんの朗読本棚総索引
-epuron's rodoku all index-

※姉妹ブログを含む公開中の全朗読作品リンク集です
http://epuron-rodoku-index.jimdo.com/

・:・。:・:。:・:。:・:・。:・:。:・。:・

-公開のお知らせ-

4/3 「夏目漱石 野分11~12(完)」を公開しました。

更新記録
posted by えぷろん at 19:57| 東京 ☀| Comment(10) | 更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

『しみじみと朗読に聴き入りたい』

1.ブログ「しみじみと朗読に聴き入りたい」
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt
※朗読のネット配信に関連する問題などをわかりやすく記事に書いておられます。

🆕 下記の記事が公開されておりましたのでご案内いたします。
2016.4.20
【移転しました】 HP「しみじみと朗読に聴き入りたい」
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/71160511.html

2.ホームページ「しみじみと朗読に聴き入りたい」
- URLが変更になります -
🆕 http://rodokupotal.main.jp/roudoku2.htm(2016.4/20〜)
http://homepage2.nifty.com/to-saga/roudoku2.htm(2016.9/で終了)
※ 朗読を楽しむための情報が満載です。
関連の詳細記事は同名ブログに書いておられます。
参考にさせて頂いた過去記事など。
posted by えぷろん at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

夏目漱石 野分11~12(完)

参照テキスト: 青空文庫図書カードNo.791
再生時間:76分24秒

11.高柳君は道也先生の演説を聞きに行き、大いに感銘を受ける。
12.しかし、その後喀血して床に着く。その高柳君を中野君は面倒を見る。高柳君は友の友情と提案を受け入れ、転地療養することを約束する。一方道也先生は借金返済の当日を迎える。そこに高柳君が転地の挨拶に行く。
posted by えぷろん at 19:51| 東京 🌁| Comment(0) | 夏目漱石  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

夏目漱石 野分9~10

参照テキスト: 青空文庫図書カードNo.791
再生時間:58分35秒

9.中野君の結婚披露が別荘の庭で開かれる。高柳君も招待された。中野君は高柳君を気遣うが、富と得意と満足の跋扈する所は彼にとって敵地であった。高柳君はこの園遊会において孤軍重囲のうちに陥った。
10.道也先生の家では借金の返済期日が迫り、妻君は気を揉むが先生の生活態度は相変わらずである。ところへ道也先生の兄がやってくる。二人は道也が教職に奉職することを望むが、一筋縄にいかないために一計を案ずる。ところが今度は道也先生が「現代の青年に告ぐ」という演説をするということを知る。
posted by えぷろん at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | 夏目漱石  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

夏目漱石 野分7~8

参照テキスト: 青空文庫図書カードNo.791
再生時間:66分50秒

7.中野君はさる令嬢と「愛」について語り合う。二人は愛の世界にいる。天下の秋は対照的に道也先生を苦しめつつあり、高柳君を淋しがらせつつある。
8.二人の一人ぼっち。「同情に餓え、人間に渇してやるせなき一人坊っち」の高柳君は散歩の途中で道也先生に出会う。道也先生に「君は自分だけが一人坊っちだと思うかも知れないが、僕も一人坊っちですよ。一人坊っちは崇高なものです」と教わる。
posted by えぷろん at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | 夏目漱石  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする